カードローンの金利と利用限度額の基本

29 7月

カードローンを申し込む場合には、ほとんどの人がカードローンのサービスを提供する金融機関の公式ホームページのカードローンについて詳細に紹介しているページを参考にすることでしょう。カードローンを比較する際に重要視すべきなのはまず金利条件であることが間違いありませんが、たいていの金融機関の金利条件は何%から何%までといったように金利の幅があることがほとんどです。

上限金利と下限金利の金利幅はかなり大きくなっていることが普通です。そして、同時に金融機関の利用限度額を見てみても何万円から何百万円というような金額幅があります。

実は金利幅と利用限度額の金額幅には大きな関連があるのです。下限金利が適用されるのは利用限度額の最大金額の場合という事になります。では、利用限度額の最大金額を申し込めばそれで下限金利が適用されるかと言えばそうではありません。利用限度額を決めるのはカードローンのサービスを提供する金融機関であるからです。

信用力があるという人であっても、初めての利用では金融機関は高額な利用限度額を適用することはありませんから、どちらかと言えば上限金利に近い金利でのカードローンの利用になることがほとんどなのです。