学生ローンの意外な落とし穴!遠方の業者利用で損することも!

23 6月

学生がキャッシングを検討する場合、学生ローンという選択肢があります。大手消費者金融のカードローンや中小消費者金融のフリーキャッシングに比べ、設定金利は低く、効率良く返済できれば、総返済額を抑えることができます。

最近では、インターネットにより遠方からでも申し込みや契約が行い易くなっており、優先的な選択肢になりつつあります。ですが、学生ローンには思わぬ落とし穴があり注意しなければ、返済負担が増えてしまいます。そもそも、学生ローンを取り扱う貸金業者のほとんどは専用もしくは提携ATMがありません。結果、返済は銀行振込になってしまい、少額の返済でもって振込手数料が発生してしまいます。

貸金業者の振込先と同じ銀行の口座なら振込手数料が抑えられるものの、地方からの申し込みになると地銀を利用することが多くなり、せっかく低金利で利用できたとしても、返済コストにより負担が増えてしまいます。そのため、大手が良いのか学生ローンが良いかは慎重に判断しましょう。