本人確認書類に使えるものについて

3 1月

キャッシングには本人確認ができるものが必要となりますが、本人確認に使えるものとしては

運転免許証、健康保険証、パスポートといったところが主なものです。

その他にも国税または地方税の領収書、納税証明書、社会保険料の領収書

公共料金の領収書、住民票の写し、住民票の記載事項証明書、戸籍謄本、マイナンバーカードといったようなものがあれば本人確認ができます。

とりあえず、現在住んでいる住所と名前がわかる書類であり、かつ証明があり、業者が書類として認めているものが求められます。

ですので、学生証のようなものであっても、業者が認めていなかったりするものであれば、利用はできません。

何が本人確認となるのかについては、先に挙げたものを利用するのが無難です。