消費税の増税でカードローンに影響があるのか?

2 11月

消費税が8%から10%となった場合、われわれ消費者にとっては毎月の負担が増えてしまうことになります。では、カードローンは増税による影響があるかと言うと、それ自体には影響はありません。

ですが、カードローンの契約自体に影響がないものの、結果的に商品の購入やサービスの利用に課税されてしまうことになります。そのため、キャッシングを利用する際は、金利と消費税には注意する必要があります。現在でも、消費税で支払った分には利息が発生してしまうのは事実です。

つまり、今後は高額な商品やサービスを利用する際は、より金利の低い目的ローンを活用して節約することが重要と言えます。

例え、カードローンであっても繰り上げ返済を行い、利息を少しでも抑えることをおすすめします。結果的には、直接的な影響はないものの、間接的な影響が生じてしまいます。