銀行カードローンの自主規制は消費者金融カードローンにどのような影響を及ぼすのか

20 7月

銀行カードローンの過剰融資問題から、全国銀行協会を中心として各銀行が自主規制を発動しています。これによって銀行カードローンの審査は厳しくなり、消費者ローンの総量規制と同じような審査基準になっていくことはほぼ間違いないでしょう。

とすれば利用者にとって銀行カードローンはどのような影響を及ぼすのでしょう。簡単に言えば消費者金融カードローンに顧客が戻るのではないかと考えられます。

銀行カードローンが自主規制をしなければならないようになったのは、銀行カードローンが審査を緩くして、消費者金融の総量規制の隙をついたからです。これが以前のように銀行カードローンの審査が厳しくなるのですから銀行ローンが借りにくくなるのは火を見るより明らかです。